グループホームで働くヘルパーの1日

一日のお仕事内容事例
ヘルパーはいろんな場所で必要とされている職業です。例えば、グループホームで働くヘルパーもいます。グループホームは、ある程度生活の自立している認知症の人達が、集まって暮らしているところです。共同生活の中にも個人のプライベートな空間もあり、まさに自分の家として生活しています。そこでは、ヘルパーは、1日どのような仕事をするのかというと、朝、入居者の人達に変わりがないか記録などを確認したり、申し送りを受けます。その後、朝食の準備に取り掛かります。配ぜんをしたり、必要があれば、食事形態を変えたりという作業もします。食事中は、それぞれの人に応じて食事介助を行います。その後、食事の片づけをして、歯磨きの介助を行い、血圧測定や検温などの健康チェックも行います。その都度トイレ誘導も行います。お昼までの間は、自由に過ごすこともできますし、希望に応じて散歩や読書などをして過ごす人もいるので話を聞いたり、散歩のときの付き添いをしたりします。その間も部屋の掃除やトイレ掃除などの仕事もあります。昼食も同様、準備と介助を行います。お昼御飯のあとも各自が自由に過ごしますが、行事があれば、カレンダーづくりや歌を歌ったりして過ごすようになります。入浴介助の日になっていれば、入浴介助も行います。また、医師の回診の日も決まっているので、回診の日には、変わったことがないか、気になるところがないか付き添って見ておく必要があります。夕がたには、勤務交代の申し送りがあるので、申し送りをして日勤の勤務が終わるという流れになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする