ビタミン不足するとどうなるの?

ビタミンが不足すると、身体の調子がおかしくなり、だるいとか、食欲が落ちるとか、肌が荒れ、さらに不足状態が進むと、欠乏症がおこる。
http://www.gak.co.jp/vitaminh/cap3.html

ビタミン欠乏症として最もよく知られているのは、脚気で、ビタミB1の欠乏によっておこる病気である。

全身の倦怠感、手足のむくみ、動悸などの自覚症状がみられ、腱反射の消失、心臓の肥大をきたす。

乳児の脚気は、食欲不振にはじまり、嘔吐(おうと)、緑便、チアノーゼの症状がでたら、速やかに治療しなければならない。
http://vitaminsupple.noblog.net/

ビタミン欠乏症として、壊血病も有名で、ビタミンCの欠乏でおこる。

くる病は、ビタミンDの典型的な欠乏症である。
http://www.gak.co.jp/vitaminh/cap3.html

日光浴をすると、くる病がおこらないのは、皮膚でプロビタミンDからビタミンDが作られるからである。
http://www.gak.co.jp/vitaminh/cap3.html

骨がもろくなる骨粗しょう症はビタミンDやビタミンKの欠乏が原因である。

明るいところから暗いところへ入った時、視力が回復するのに時間がかかるのは、網膜色素形成不全症で、ビタミンAが欠乏しているとおこる。
http://www.gak.co.jp/vitaminh/cap3.html

また、ビタミンAの欠乏で、皮膚や粘膜が荒れたりする。

ビタミン不足にならないように、普段から食生活には十分に注意すべきである。ホワイトニング歯磨き粉ランキングを知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする